横取り四十萬

何をつくっているのでしょうか

内包と外延。その独立性。

外延性の公理というのがある。

二つの集合を構成する要素がまったく同じであるとき、二つの集合は等しいとみなす。そういう公理である。

つまり、集合の適用範囲、すなわち外延が同じであれば適用条件もひとつに定まるということ、適用結果が同じなら適用条件──つまり内包も同じだと仮定する。そういう公理である。

わざわざこのような公理を置かなければならない理由には、有名な例がある。例えば明けの明星、宵の明星というのがそれだ。ご存知のようにどちらもその外延は金星という一つの惑星である。外延が同一なのに「明け」と「宵」という二つの意味、二つの内包が与えられている。

外延性の公理が置かれる理由のひとつは、このようなケースを排除するためであろう。

さて、ここからわかるのは同じ外延を与えられたときに異なる複数の内包が割り当てられるということである。

では反対に、同じ内包を与えられた時に異なる外延が複数あるということはあるか。
ある、と答えたい。

ここで私は、眠ってみる夢を念頭においている。夢でどのような経験──そもそもそれを「経験」と呼ぶべきかどうか?という問題もあるが──をして来たかにはもちろん個人差があるから、私が指摘する特徴を考えられない・認められないという人もいるかもしれないがそれはいったん脇に置かせてもらうとしよう。

夢でどんなことが起こるか。例えばそれは会ったことの無い人物に出会うことや会うはずの無い人物に出会うことである。あるいは知り合いの誰それにあって話をした、と確信していたけれども、しかし朝起きてその姿形を思い出してみるとまったくの別人、あるいはやはり会ったこともない赤の他人だということもある。

このような事態を私は内包が同じでも外延が全く異なる事例として解釈する。

だから、もし内包と外延の関係、あるいはどちらがどちらに依存しているのか?と問う人がいるならば私はそうではない、両者は独立の関係にあると答えることになるだろう。言い換えれば、物理的な状態が同じだからといって内包の何たるかが決まるとは限らないし、反対に内包が与えられても物理的状態──実装と呼んでもよかろう──が決まるとは限らないということである。

勝負ができねえ人間,やはりそれを諦めて生きるしかねえのかな.今更ってかんじだ.いや,いいんだ.アタマを鍛えるのは今更でもいい.ただ,硬直ってのが何とかならんか.そっちの方がよっぽど重大なんだ.今を生きるってのには.こればっかりは場数か? そりゃちょっとアドバイスになってないぜ.が,無いものねだりかね.勝負と言えるほどの場所でない,和気藹々とした場所には何度もいったが,それでも固まっちまう.足りねえのかな.

・onは「~に対する」と訳してもよい
・revisitにはハッキリとreconsider, reevaluateの意味もある
https://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2016-02-18

カントについてのヘーゲルの批判 二分法から同一性へ

サリー・セジウィック

目次
略号
1 ヘーゲルの批判への導入:直観性 vs. カントの批判哲学における悟性の推論的形式

1.1 直観性 vs. 悟性の推論的形式:導入
1.2 体系的統一,目的性,そして『純粋理性批判』における至高存在
1.3 体系的統一,目的性,そして『判断力批判』における至高存在
1.4 形而上学の救済のための鍵としての推論性
1.5 結論:カント的直観的知力intuitive intellectのヘーゲルの描写

2 直観的知力の「真なる統一」としての有機的統一
2.1 『判断力批判』における諸有機体としての自然の諸産物
2.2 直観的知力によって経験されたものとしての自然
2.3 混成heterogeneityから同一性へ
2.4 カントの「単なる目的論的な」自然の概念
2.5 主観と客観の学知についての同一性
2.6 自己を限界付け限界づけられるものとしての主体性

3 カントの観念論の「主体性」に対するヘーゲル
3.1 標準的解釈
3.2 標準的解釈に反する証拠
3.3 人間の認識の有限性:カント,フィヒテヤコービ,そしてロック
3.4 絶対的対立へのカントのコミットメント再訪
3.5 カントの偶然性テーゼの再評価
3.6 形相と質料:ロック,ヒューム,そしてカント
3.7 「共通の現実性」から「独立したもの」としての理性の取り扱いについて

4 第一の『批判』の超越論的演繹に対するヘーゲル
4.1 カントの次の問いについての「思弁的」な取り扱い:「いかにして総合的でアプリオリな判断は可能であるか?」
4.2 「絶対的同一性」としての統覚の本来的総合的統一
4.3 「真なる思弁的観念」としての生産的構想力
4.4 カントの「最高の観念」:「主体性の空虚」
4.5 カントの諸応答
4.6 概念形式の新しい説明の必要

5 本来の同一性の部分としての主体性
5.1 認識を手段として扱うこと
5.2 「空虚」かつ「外的」なものとしての思考形式
5.3 カント主義的批判
5.4 知ることよりも前に知ることの不可能性
5.5 思考の始まり方に対するヘーゲル
5.6 ヘーゲル主義的批判
5.7 諸直観における諸概念の二重の依存性

6 カント主義的批判の問いを求める本性:アンチノミーの議論に対するカント
6.1 『純粋理性批判』におけるアンチノミーの議論
6.2 カントのアンチノミーの取り扱いに対するヘーゲル:概観
6.3 ヘーゲルの批判の再評価
6.4 第三アンチノミーについてのカントの問いを求める取り扱い
6.5 「思考の怠惰」に対する「緩衝材」としてのカント主義哲学